ブログ


Tik Tokが廃止の理由

Tik Tokが
アメリカと日本で廃止!?

 

みなさん、こんにちは〜!最近、気温もやっと涼しくなり始めたな〜と思ったら急に肌寒くなりましたよね!夜から朝方にかけては特に寒くなってきたので、風邪などひかないように体調管理は気をつけてくださいね♪

 

さて、今回は巷で話題のTik Tokがアメリカと日本で廃止される理由について書かせていただきます。このブログを閲覧いただいている方の中にも多数、利用されていらっしゃる方がおられるのではないでしょうか?

 

「Tik Tok」と言うものは、中国のIT企業「バイトダンステクノロジー株式会社」が運営する動画投稿アプリでございます。

バイトダンステクノロジー株式会社 バイトダンステクノロジー株式会社

 

そのユーザー数はなんと、全世界ですでに20億人を超えるほどの人気アプリです。しかしここに来て、そんなTik Tokがアメリカや日本などで禁止されるのではないか?という衝撃的なニュースが飛び交っています。

 

今回は、そのTik Tokについてなぜ禁止されようとしているのかという理由を説明していきたいと思います。

 

まず、Tik Tokが規制されようとしている理由はいくつかありますが、わかりやすく言うとアメリカはTik Tokアプリを利用するアメリカユーザ情報、約1億人の個人情報などが中国政府に流されているのではないかということを懸念し規制しようという動きになっているということです。

 

要するにアメリカは中国が作ってるTik Tokっていうアプリ自体が他国に対するスパイ行為そのものじゃないかと疑っているみたいです。

 

Tik Tokがスパイしてるとなると、日本はアメリカの同盟国なので必然とアメリカと足並みを揃えなければならないということになり、日本国内でもTik Tokが使えなくなるかもしれないという動きに繋がるわけです。

 

じゃあ、Tik Tokは本当に危険なのか?っていうことなんですが、Tik Tokを排除、規制しようとしている国は実は、アメリカや日本だけではありません。

 

インドや香港では既にTik Tokの利用は禁止されており、オーストラリアでも国家安全保障上の脅威があると判断、現在規制を検討中だといわれています。

 

しかしこれには裏があり、禁止や規制を予定としている国を改めて見返してみると全て中国との間に問題を抱えている国ばかりだそうでjす。

 

まず、あげると、アメリカは中国と経済貿易戦争が最近さらに加熱中で、それが問題で中国のことを嫌っていますよね。

 

そしてインドは先日、中国との国境付近で銃撃戦がありました。だからここも揉めてますよね。

 

香港は先日、国家安全法が強制実行されて大問題となっています。

 

オーストラリアは以前から中国と外交悪化中。

 

日本も尖閣諸島問題など、中国と外交トラブル続き。

 

ということで、基本的にどの国も中国と揉めていて、その延長でTik Tokをとめたいということです。

 

じゃあ、ただ仲が悪いからこうなっているだけなのかというと、それだけではないようです。

 

やはりTik Tokの仕様には怪しい部分があるといわれてており、意味のない位置情報などGPSの機能があったりと不審な点もあるんですが、それを言い出したらFacebookやTwitter、Google、Amazonなども同じで、逆に考えるとアメリカはこれまで自分達がやってきたことを中国に真似されては困ると。

 

要するにGPSとかで情報をアメリカが抜いていたとすると、それがTik Tok20億人流行ってしまって同じように中国に情報を抜かれるとアメリカが困るんじゃないかと、だから揉めて、それを潰そうとしているという説もあるみたいです。

 

では、Tik Tokの規制をいつから起きるのか?ということなのですが、

 

アメリカは2020年9月15日以降にTik Tokの規制、もしくは使用禁止となるのではないかと言われています。そして日本はそれからまもなくして同様に規制や禁止アプリになると考えられてい流ようです。

 

それじゃあ、Tik Tokはなくなってしまうのか?ということが、ユーザーさんにとっては1番気になるところだと思いますが、もしかするとなくならないかもしれません。

 

理由は2020年8月2日にアメリカのMicrosoft社が、中国のTik Tokを買い取るとの情報もあり、仮にその話がまとまればTik Tokは存続できると言われています。

 

う〜む、なんかアメリカが最初から買いたくてこれらを仕組んだように思えちゃいますよね〜。みなさんをどのように思われますか?

 

信じるか信じないかは、あなた次第です!!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるクリーン. All rights Reserved.