ブログ


実現が近づいている不老不死!

こんにちは! みなさんは、不老不死って実現可能なことだと思いますか?

昔からよくドラマや映画などで出てきますよね!

私も誕生日がきちゃうと、素直に喜べない歳になってきちゃいました!

 

そこで、今回は実現が近づいている不老不死のお話をさせていただきます。

 

実現が近づいている不老不死

 

人類が今まで追い求めてきたものとして「不老不死」というのがあると思いますが、実は・・・これがもうすぐ実現されようとしているのです!

 

今、日本人の平均寿命というのが、84歳で世界で1位になっております。

ですがこれが、100年前の大正初期にまでさかのぼりますと、平均寿命が45歳程度で、太平洋戦争が終わるまでは、50歳を下回っていたと言われてます。

 

つまり、ここ100年ぐらいのうちに日本人の寿命が2倍近くまで伸びたのです。

それではこの、寿命というのはどのようなメカニズムなんでしょうか?

 

その答えは実は、私達のDNAの中に隠されているのです。

生きている人間の体の中では、絶えず細胞分裂が繰り返されてます。

この分裂による新陳代謝によって細胞は若くい続けることができるのです。

そして、この細胞分裂ばスピードが遅くなっていくこと、これが老化です。

さらに、極限まで遅くなって止まってしまうと、死んでしまうわけなんです。

 

実は、細胞というのは、生まれた時にいつまで分裂できるのかというのが決まってしまっているのです。

 

テロメアの画像

 

これを示しているのが、細胞の中の染色体の1部である「テロメア」と呼ばれる部分です。

染色体の先端にあるキャップのような部分で遺伝子情報を保護するという役目を果たしています。

この細胞分裂を繰り返す度にテロメアという部分はどんどんどんどん短くなっていきます。

そしてやがて、これがなくなってしまったら、もう細胞分裂ができなくなってしまい、生命の終わりを意味していますので、テロメアは「死のタイマー」とも呼ばれています。

 

しかし、このタイマーをストップさせる物質が発見されたんです!

 

これが「テロメラーゼ」と言われる酵素で、このテロメラーゼを活性化させるように遺伝子組み換えをしたウイルスを作って、マウスに投与するという実験が行われたのですが、実際にマウスの細胞が若返って寿命が延びたという結果が得られていて、さらにはそれを、自分の体にも投与した人が現れたんですが、なんと! 細胞年齢が20歳近く若返ったと言われているのです!

 

ですが、細胞分裂によるこの長生きは、人間にとっていいことばかりではないんです。

というのは、人間の体の中で3歳ぐらいの段階で細胞分裂が止まってしまって、そこからはその細胞がずっと死ぬまで働くという部分があるのです。

 

それが、脳などの神経細胞なんです。

 

つまり、細胞分裂をする体は、老化することを止められるのですが、細胞分裂をしない脳の老化は止めることができないんです! 脳だけが、置いていかれちゃうのです!

 

ですが、この謎を解く人物が現れました。

 

歳をとらない少女の画像

 

抱っこしている女性がいますが、実はこの赤ちゃんの妹なんです!

そして、この赤ちゃんはこのように呼ばれていました「歳をとらない少女」と、この写真の時はなんと! 10代後半ぐらいです。ちなみに妹さんは3歳下です。

 

つまり、この赤ちゃんは、生まれた時から1歳になるまでは順調に成長して、そこで体と脳の成長がストップしたまま20歳まで生き続けたんです!

体はもちろん凄いのですが、細胞分裂をしないはずの脳まで成長が止まったまま20歳まで生きた例というのは、他に類をみないことでした。

 

成長がそこでストップするということは、裏を返せば、老化がそこで止まっているということになりますので、世界中の学者がこの件について研究をしたんです。

 

ですが、彼女は、20歳にして残念ながら脳ではなく、呼吸器官の病気によって亡くなってしまったのですが、その脳には、脳の老化を止めるカギがあるのではないかということで、今も研究が続けられています。

この謎さえ解き明かすことができれば、人類はようやく体だけではなくて、脳も含めた健康的な不老不死に近い体を手に入れることができるのです!

 

でも、人類が追い求めていた不老不死ではあるのですが、そうなれば引き起こされてしまうのが、異常なスピードでの人口の増加です。

 

地球には今、人類の天敵などいなくて楽園のように見えるのですが、これが、人口爆発を起こしてしまうと、それに伴い食料危機であったり、環境破壊も起こって、経済も悪化し、土地を巡って戦争なんかも起こってしまうことになります。

これほどまでに人類が地球を埋め尽くしてしまったら、残された手段というのは、地球以外に住める土地を探すしかなくなってきます。

 

今、候補としてあがってるのが、火星と言われております。

アメリカの実業家のイーロン・マスクという人が、火星に人類を着陸させるという計画を今、続行中です。

 

この環境をなんとか整備して、人口爆発が起こる前に、火星に移住することができるのか? それが間に合わずに人類が地球を埋め尽くして、自ら絶滅の道を辿ってしまうのか? 不老不死というテクノロジーが人類にもたらすのは、最も不幸な未来かもしれません。

 

みなさんは、これを読んでも長生きしたいですか?

 

信じるか信じないかは、あなた次第です!!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるクリーン. All rights Reserved.