ブログ


お風呂のお掃除方法

こんにちは! ふとお風呂の天井を見ると、知らない間にカビがついてて汚い・・・

お風呂場がなんか臭い・・・

 

なんて、このようにお悩みの方も多数いらっしゃると思います。

そこで今回は、ハウスクリーニングのプロが、お風呂のガンコな汚れを簡単に落とすお掃除方法をご紹介します。

 

お風呂のお掃除方法

 

天井

フロアワイパー+古Tシャツ+強力カビハイター

手が届かない天井のカビは、一度できてしまうと落としにくいものです。

そんな汚れもフロアワイパーを使えばお掃除が簡単にできます。

天井はもともとあまり汚れや水がかからない場所ですので、一度キレイにすればキープしやすい場所なのです。

 

ワイパーは、お風呂専用じゃなくても届けばOKです。

つける布は、Tシャツ素材のような毛羽が立たないものがおすすめです。

ワイパーなどの広い面に使うときは、ジェルではなくスプレーを使いましょう。

 

1.布をセットしてスプレーします

天井から垂れるのを防ぐため、ワイパーに布をセットしてカビ取りスプレーをつけます。

 

2.カビにしっかりこすりつけます

ワイパーをカビにこすりつけ、放置したら何回か水拭きして洗剤を拭き取ります。

 

ブラシ+弱アルカリ洗剤

凸凹しているガラスドアは、スポンジでこすってもヌルヌルが残ってしまいます。

スポンジをブラシに変えれば、浴槽用の洗剤でしっかり落とすことができます。

 

1.弱アルカリ洗剤を使います

主な汚れは、石鹸のヌメリ汚れです。

浴槽と同じ洗剤を使ってみましょう。

 

2.目地ブラシでこすります

浴槽用スポンジじゃなく、ブラシを使って凸凹の汚れをかきだします。

 

通気口

ブラシ+カビ取りスプレー

通気口は、脱衣所が近いのでホコリがたまりやすく、湿気でカビができやすい場所です。

カビ取りスプレーを噴射するだけで黒く溜まった汚れを落とせます。

 

1.急須ブラシでこすります

ブラシでホコリを取り、カビに洗剤を届きやすくします。

 

2.カビ取りスプレーをします

スプレーしたら、あとは放置して、浴室に流して完了。

 

お風呂のキレイをキープしましょう!

 

ルック「お風呂の防カビくん煙剤」

 

お風呂の防カビくん煙剤のイメージ画像

 

ガンコなカビになる前に予防してくれて、カビがつきにくくなります。

 

排水口

「パイプクリーナー」

 

パイプクリーナーのイメージ画像

 

排水口は定期的にお掃除しているので見た目はキレイだけど、イヤなニオイが取れない・・・

そのニオイの原因はパイプ奥に溜まった髪が腐敗臭を放っているからなのです。

髪の毛やシャンプー、皮脂汚れがパイプ奥で腐っているのがニオイの元なのです。

 

しつこく残る排水口のニオイは、パイプクリーナーで奥に溜まった髪の毛ヘドロを溶かして解決しましょう。

パイプを温めることで、クリーナーの力が引き出されます。

 

1.パイプをシャワーで温めます

汚れ落ちしやすくなるよう、40〜45℃ぐらいのシャワーを排水口にかけてパイプを温めます。

 

2.クリーナーを流し込んだら、15〜30分放置します

温まった排水口にクリーナーをなるべく外側から回しがけして、15〜30分放置します。

このときに、排水口のフタ裏の汚れにもクリーナーをかけておきましょう。

 

3.水で流します

シャワーで流します。

お湯で流すと塩素の刺激臭が立ちのぼってきますので、必ず水で流しましょう。

 

排水口のキレイをキープしましょう!

 

ボンスター販売「髪の毛トリトリ Easyネット」

 

髪の毛トリトリ-Easyネットのイメージ画像

 

排水口にポンと置くだけで髪と汚れをキャッチしてくれます。

パイプの汚れが防げます。

週に1回取り替えるだけなのでお掃除も簡単です。

 

 

ご自身でお掃除が難しい方は、ハウスクリーニングはこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるクリーン. All rights Reserved.