ブログ


ハウスクリーニング&家事代行のプロが教える!おうち洗剤とおうち道具、食べ物を使ってサーキュレーターや網戸、窓、ミキサーのガンコな汚れを簡単に落とすおそうじ術

こんにちは! 年末の大掃除の時にいつもサーキュレーターのお掃除を忘れてしまい部屋がホコリっぽい・・・

新鮮な空気を入れようと窓を開けたけどなんか部屋がホコリっぽいし、窓もくもりがかって部屋が暗い・・・

ミキサーでジュースを作ろうと中を覗いたら、刃が汚い・・

なんて、このように悩まれている方も多くいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、ハウスクリーニング&家事代行のプロが、おうち洗剤とおうち道具、食べ物を使って、サーキュレーターや網戸、窓、ミキサーのガンコな汚れを簡単に落とすおそうじ術をご紹介します。

 

 

おうち道具静電気防止ブラシ&手袋タイプ雑巾を使ったおそうじ術

 

静電気防止ブラシと手袋タイプ雑巾のイメージ画像

 

静電気防止ブラシ&手袋タイプ雑巾を使ってサーキュレーターの汚れを簡単に落とすお掃除方法

 

お部屋の空気を循環させて、温度を一定に保つためにあると便利なサーキュレーターですが、内部にホコリがたまりやすく、気づかないうちに部屋中にホコリを撒き散らしてしまいます。

そういう時は、ブラシと手袋タイプの雑巾で簡単に汚れを落とすことができます。

カバー部分は、プラモデル用の静電気防止ブラシなど、狭い隙間にも入る平ブラシが便利です。

内部の羽根などは、手袋タイプの雑巾で拭き掃除しましょう。

 

1.静電気防止ブラシでカバーを掃除します

プラモデル用の静電気防止ブラシなので、ホコリが付着しません。

 

2.手袋タイプ雑巾で内部の汚れを拭きます

カバーを外して、手袋タイプ雑巾で羽根や外側の汚れを拭いて完了。

 

おうち道具新聞紙を使ったおそうじ術

 

新聞紙のイメージ画像

 

新聞紙を使って網戸の汚れを簡単に落とすお掃除方法

 

排気ガスやホコリで詰まった網戸は、キレイな空気が入ってこずに、汚れがたまっていきます。

新聞紙でマメに汚れを取流ようにして、新鮮な空気をリビングに取り込むようにしましょう。

網戸の汚れは外側に詰まっていますので、掃除機をかけるのは必ず外側からかけましょう。

この時に、新聞紙を広げて網戸の内側全面に密着させるように貼っておくことが重要です。

こうすることによって、ホコリの逃げ道がなくなり、効率よく吸引できます。

さらに、ホコリを吸ったあと、切り込みを入れたスポンジに食器用洗剤チャーミークイックをつけて、こすることで元のキレイな色によみがえります。

予防法は、お部屋のお掃除のついでにホウキで網戸を払えば、予防できます。

 

1.新聞紙を部屋側の網戸に貼ります

風が逃げないように、網戸の内側全面に新聞紙がヨレないようにピッタリと貼ります。

 

2.掃除機で網戸を吸引します

全面に新聞紙を貼ったら、網戸の外側から掃除機で吸引してホコリを取り除いて完了。

 

新聞紙を使って窓のくもり汚れを簡単に落とすお掃除方法

 

知らぬ間に手アカやタバコのヤニなどで汚れている窓ですが、見栄えが悪いだけでなく、汚れがたまると、室内も暗い雰囲気になってしまいます。

なので、定番の新聞紙を使った掃除方法を進化させたテクニックをご紹介します。

やり方は簡単です。

雑巾で表面の汚れを軽く落としたあとに、炭酸水をシュッとひと吹きするだけです。

それからクシャッと丸めた新聞紙でやさしくこすっていくと、炭酸水が浮かしたガンコな汚れを新聞紙が吸引して入居したての頃のようなツヤピカのキレイな窓によみがえります。

今までよりも短時間で汚れが取れるようになります。

この汚れが落ちるメカニズムは、炭酸水の発泡が汚れを浮かす役割をしてくれています。

そこを丸めた新聞紙で拭けば、プロのような仕上がりになります。

 

1.炭酸水を吹きかけます

まずは、汚れを雑巾で落とし、炭酸水をスプレーボトルに入れてスプレーします。

 

2.新聞紙で拭きます

手のひらにおさまる大きさに新聞紙をクシャッと丸めて、窓の汚れを拭きます。

 

3.折りたたんだ新聞紙でさらに拭きます

仕上げに、新聞紙をキレイに折りたたみ、面で磨くイメージで拭いてツヤ出しをして完了。

 

窓のくもり汚れの防止策

 

リンスを溶かした水で、仕上げ拭きをすることで、静電気を防いでホコリがつきにくくなります。

 

食べ物を使ったおそうじ術

 

卵の殻のイメージ画像

 

卵の殻を使ってミキサーの汚れを簡単に落とすお掃除方法

 

ミキサーの外側は、布で拭くことができても、中の刃の裏側まではなかなか手が届かずお掃除ができません。

刃についた細かい汚れにお困りの方におすすめなのが、卵の殻を使ったお掃除方法です。

使うものは、卵の殻と食器用洗剤チャーミークイック、そして水だけとすぐにできますので、とてもお手軽です。

汚れ落ちも抜群で、同様にフードプロセッサーもお掃除できます。

 

1.卵の殻をミキサーに入れます

事前に水で洗って、白身などを落とした卵の殻2個分をミキサーに入れます。

 

2.食器用洗剤チャーミークイックを入れて、1分回します

水250mlと食器用洗剤チャーミークイック10mlを入れて、卵の殻が粉粉になるまで1分ほど回します。

 

3.水を入れて再度、回します

入れたものをすべて取り出して、軽くすすぎ、次に水だけを入れて再度1分ほど回して完了。

 

 

ご自身でお掃除が難しい方は、ハウスクリーニング・家事代行はこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるクリーン. All rights Reserved.