ブログ


ハウスクリーニング&家事代行のプロが教える!おうち洗剤とおうち道具を使って、冷蔵庫の中のカビ汚れやトイレの壁や床のガンコな汚れを簡単に落とすおそうじ術とお掃除道具のお手入れ方法

こんにちは! 知らないうちに冷蔵庫の中にカビが発生して汚い・・・

トイレの壁や床がなんか汚い・・・

部屋をお掃除しようと掃除機をかけると、なんかゴミを吸わない・・・

 

なんて、このようにお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、ハウスクリーニング&家事代行のプロが、おうち道具やおうち洗剤を使って、冷蔵庫の中のカビ汚れやトイレの壁や床のガンコな汚れを簡単に落とすおそうじ術やお掃除道具のお手入れ方法をご紹介します。

 

おうち洗剤とおうち道具を使ったおそうじ術

 

アルコールスプレーを使って冷蔵庫の中のカビ汚れを簡単に落とすお掃除方法

 

アルコールスプレーのイメージ画像

 

食材をどかしてみると、冷蔵庫内の側面やトレイにもカビが生えていることがあります。

プラスチック面に生えるカビは、タイルの目地や窓パッキンなどとは違って根深くはありませんので、アルコールシートで拭けばキレイに取りきることができます。

サッと簡単に拭くことができるうえ除菌もできて一石二鳥ですので、気づいた時にはお掃除しましょう。

 

アルコールスプレーを使ってトイレの壁や床の汚れを簡単に落とすお掃除方法

 

トイレシートは厚手で便利ではありますが、毎日使うにはちょっともったいないですし、ガッツリお掃除する時にしか手に取りません。

尿はねやちょっとした壁の汚れには、トイレットペーパー+アルコールのサッと拭きで十分です。

コスパ最強で毎日続けられますので、これでもうトイレの手強い汚れがたまることはありません。

 

お掃除道具のお手入れ方法

 

毎日のお掃除に必要不可欠な掃除機のお手入れ方法

 

紙パック掃除機のイメージ画像

 

フィルター

掃除機のフィルターにゴミが溜まり、空気が通らない状態だと、吸引力が弱くなってしまいます。

溜まったゴミをブラシで取り除けば、パワフルな吸引力が戻ります。

 

1.掃除機を逆さまにして、ゴミを出し切ります

パックから漏れたゴミが掃除機内に溜まっていますので、逆さまにして出し切ります。

 

2.勢いよくホコリを取り切ります

フィルターについているチリやホコリは、サッシブラシで勢いよく掃きます。

 

パッキン

普段は見落としがちなパッキンですが、実は汚れが溜まると真空性が低くなってしまい、吸い取る力が弱くなります。

黒ずんできたらそのまま放置せず、かんたんマイペットを吹きかけたメラミンスポンジでなぞってみましょう。

二度拭きが不要でスグにピカピカになります。

 

1.メラミンスポンジにかんたんマイペットを吹きかけます

メラミンスポンジを500円玉ぐらいのサイズに小さくちぎり、かんたんマイペットを吹きかけます。

 

2.パッキンの上をなぞります

茶色く汚れたパッキンの上をメラミンスポンジでなぞれば簡単に汚れが取れます。

 

ヘッド

掃除機のヘッドは、吸い込もうとしたホコリや髪の毛が絡んで、知らないうちに吸引力が下がっています。

そこで活躍するのがリッパーです。

ローラーに絡んだホコリや髪の毛をザクザク切って取り除けば、吸引力が復活し、広範囲のゴミを吸えるようになります。

 

1.ローラーに絡んだ毛を切ります

リッパーでヘッドのローラーに絡んでいるホコリや髪の毛を切りながら取り除きます。

 

2.コインでフタのネジをゆるめます

ヘッドが分解できるものは、コインでネジをゆるめ、ローラーの軸のフタを外します。

 

3.サイドに溜まったゴミを取ります

フタを外したら、サイドに溜まっているホコリや髪の毛を手で取り除きます。

 

4.リッパーで軸に絡んだ髪を切ります

ローラーがきちんと回るように、軸に絡んだ髪の毛やホコリをザクザク切っていきます。

 

キレイにお手入れした掃除機で大掃除も効率アップ!

 

大掃除は、どこをキレイにするにも大活躍の掃除機からはじめましょう。

ヘッドはもちろん、フィルターや見逃しがちのゴムパッキンも、ハウスクリーニング・家事代行のプロに教えてもらったテクニックでみるみるキレイにして、そして、最高の吸引力を取り戻した掃除機で、家中をピカピカにしましょう!

 

ご自身でお掃除が難しい方は、ハウスクリーニング・家事代行はこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるクリーン. All rights Reserved.