ブログ


布団の洗濯方法

こんにちは! 

布団を洗濯したいんだけど、なかなか乾かないし家では干す場所もない・・・

 

そんなお悩みを解決できる方法を家事代行のプロがご紹介します!

 

布団の洗濯方法

 

布団のイメージ画像

 

丸洗いができるタイプ

 

近年は敷布団や化学繊維の布団、羽毛布団なども丸洗いができるタイプが増えてきてます。

ですので、丸洗い可能な布団はコインランドリーで丸洗いしちゃいましょう!

水をたっぷり使えて、60℃以上の温風で短時間で乾きますので羽毛も化学繊維の中綿もふっくら仕上がり、ダニまで退治してくれます。

 

 

中綿がポリエステルの枕

 

毎日使う枕は黄ばみやカバーの色移りが目につきます。

中綿がポリエステルタイプの枕であればお家の洗濯機で洗うことができます。

 

※素材を傷めないようにネットに入れて洗濯しましょう!

 

 

羽毛や合成繊維の枕

 

羽毛や合成繊維の枕などの空気をたくさん含んでいる枕は水に沈みにくいので抑える必要があります。

そういう時には布団洗い用の洗濯キャップを使いましょう。

 

キャップがない場合は洗濯機のすすぎモードで枕に水を吸わせ、脱水してから洗濯しましょう。

中綿がつぶれて浮きにくくなります。

 

劣化しているリスクを考えて洗剤は中性の液体タイプを使いましょう。

 

洗濯が終わったら、型くずれを防ぐためネットに入れたまま干して、日当たりがよく風通しがいい場所でしっかり乾かしましょう。

 

 

低反発枕

 

低反発枕のイメージ画像

 

枕を曲げずにすっぽり入る大きな容器に水を溜めて液体の中性洗剤を少量溶き、枕をつけます。

枕が浮き上がってきますので、たまに上下を返し上からやさしく押しつけるように洗剤溶剤をしみ込ませ、30分つけ置きします。

 

しっかりすすぎ脱水機で2〜3分ソフト脱水し、ネットに入れ風通しのいい日陰に干しましょう。

 

※何度も洗えませんので洗うのはよほど汚れが気になったときだけにしましょう。

 

 

ご自身で洗濯が苦手な方は家事代行はこちら

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるクリーン. All rights Reserved.