ブログ


キッチンのガンコな汚れを予防する方法

こんにちは! キッチンのお掃除は時間がかかって大変なので、汚れがつかない方法があれば教えてほしい・・・

 

なんて、このようにお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、ハウスクリーニングのプロが、キッチンのガンコな汚れを予防する方法をご紹介します。

 

 

キッチンの防汚グッズ

 

コンロ

東洋アルミエコープロダクツ「フレームカバー NEW フリーサイズ」

 

フレームカバー NEW-フリーサイズのイメージ画像

 

コンロと台をしっかりつなぐことで拭くだけでは取りきれないコンロのミゾ汚れを防いでくれます。

クリアでピッタリくっつきますので、標準装備のようにキレイです。

 

特徴

 

・ピタッとはりついてはがれにくい

コンロ側はカーブ、台所は粘着加工がしてあり、貼る前に油汚れをきちんと拭き取ることがキレイに貼るコツです。

 

コンロ・壁

ダイソー「透明クリーンシート」

ダイソー「おしゃれキッチン コンロ用アルミパネルコンパクト」

 

透明クリーンシートとおしゃれキッチン コンロ用アルミパネルコンパクトのイメージ画像

 

揚げ物をした日は、コンロと壁のギトギト油を落とすのにひと苦労します。

調理前にダイソーのミニパネルと防汚シートをセッティングしておけば、汚れを最小限に抑えることができますので、後片付けがラクになります。

 

排水口

セリア「非塩素系ヌメリ防止剤」

 

非塩素系ヌメリ防止剤のイメージ画像

 

セリアのタプレットを排水口にセットしたら、油の膜やヘドロのようなヌルつきも一切なくなり、ツヤツヤをキープできます。

しかも非塩素系ですので、塩素のツンとしたニオイもありません。

酢やレモン汁を流しても問題ありません。

 

お湯の力だけで排水口のヌメリとカビを予防!

直接触れるのがイヤな排水口のヌメリは、1日の終わりに70℃くらいのお湯をまわしかけるだけで、ヌメリもカビも寄せつけません。

 

ポイント

食器を洗う前に先にお湯を沸かしておけば、食器を洗い終える頃にはちょうどいい温度になっていますので、スグにまわしかけできます。

 

シンク

ライオン「チャーミーVクイック」

 

チャーミーVクイックのイメージ画像

 

シンクの水垢や油汚れは、いつものスポンジで洗い流すだけでOKです。

食器洗いとシンク掃除をひとつの流れで済ませてしまいましょう。

 

1.スポンジで泡を広げます

食器を片付けたら、スポンジで泡をまんべんなく広げるように軽い力でこすります。

 

2.ふきんで泡を塗り広げます

台ふきんで泡を隅々に広げていきます。

ふきんの除菌にもなりますので、一石二鳥です。

 

3.水ですべての泡を流します

スポンジ、ふきん、シンクの泡を水で流します。

流し残しはアカになりますので、シンクの側面も忘れずに流しましょう。

 

 

ご自身でお掃除が難しい方は、ハウスクリーニングはこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるクリーン. All rights Reserved.